薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントとは

皆さん、髪が抜ける原因は頭皮の毛母細胞の働きが悪くなり、
これが、脱毛や薄毛などの症状を引き起こしてしまうって知ってますか?

そこで脱毛や薄毛を予防し、また解消するには、毛母細胞の
働きを高める必要があるわけなんです。

そこで簡単に説明しますと

ひとつは栄養が十分に毛母細胞に行き渡るよう、
頭皮の血行を良くすることです。

もうひとつが髪に必要な栄養素であるたんぱく質、
ミネラル、ビタミンなどを摂取することです。

こうすることで毛母細胞の働きを高めることができます。

頭皮の血行を良くするには養毛剤を使ったり、
頭皮をマッサージすることが効果的です。

市販されている養毛剤のほとんどが頭皮の血行促進を
目的としているので半年ぐらい使い続ければ効果が期待できます。

加えて肩や首のコリをほぐしたり生活リズムを規則正しく整える
ことも効果的です。

頭皮や心身の緊張が解きほぐすされ血行が良くなります。

また糖尿病、甲状腺機能の異常などが脱毛の原因となる場合もあります。

髪を育てる2大ポイントが判明!

1.栄養バランスの良い食生活

・ 紙の材料となるタンパク質
・亜鉛・銅などのミネラル類
・血行促進効果があるビタミン

上記の3つの栄養素を含む食品を積極的にとるよう心がけましょう。

良質なタンパク質としてはたまごや大豆がおすすめです。

卵は生でも加熱してもオッケー。

大豆もきな粉、納豆、豆腐など様々な形で毎日の食生活に取り入れてください。

他に海藻や小魚などミネラルが豊富な物ビタミンが豊富な緑黄色野菜は必須です。

2.頭皮の血行を改善する

・体質に合った養毛剤を一定期間使う
・頭皮をマッサージする
・ストレスの少ない生活を心がける

市販されてる養毛剤のほとんどは血管を拡張して血行を促進する効果があります。

使ってみて皮膚のかぶれなどを起こさないものは最低3ヶ月は使い続けてください。

頭皮のマッサージは指の腹を使い軽く揉む程度にしましょう。

力を入れてやりすぎると逆に頭皮を傷つけるので注意しましょう。

また睡眠不足は自律神経のバランスを崩して血行を悪くしますし、
ストレスは毛細血管を縮小させ、やはり血行を悪くするので避けましょう 。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする