和食中心の食事が抜け毛・薄毛を予防するって本当!

和食中心の食事が抜け毛・薄毛を予防するって本当!

もとは、日本人は欧米人に比べてハゲが多くないほうだったのにね。
ここ最近、薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が増加傾向だよね。

なぜだと思われますか?

これには食生活の変化に関係してるとおもうのですが。。。。

日本人の食生活って第2次世界大戦後、欧米の影響を強く受けるようになりました。

ハンバーガーに加えてファーストフード、油を含んだ料理、クッキー、チョコレート
を始めとするお菓子類などがどの家庭の食生活にも溶け込んでいますよね。

野菜や魚中心の和食を食べていた頃の日本人と比較すると欧米流の
高カロリーな食生活を送る現代の日本には確実に髪のトラブルに悩む
人が増加しています。

抜けやすい頭皮環境が薄毛の原因

薄毛の原因の多くは髪そのものでなく抜けやすい頭皮環境に
あるといえるでしょうね。

脂肪の多い食生活をしていると皮脂腺が広がりそのため
毛穴も広がってきます。

広口のつぼ状となった毛穴にも髪は生えますが、穴が広くて
ちゃんと根が張れないため毛が細く、またちょっとの刺激で
簡単に抜けてしまったりするわけです。

つまり薄毛の進行に歯止めをかけるための効果的なやり方は
昔ながらの野菜や魚中心の和食に置きかえることなんです。

薄毛にはバランスの良い和食中心の食事を

ちなみによく「育毛には黒い食べ物が良い」「微量ミネラルが薄毛を予防する」
などというような話を聞きますよね。

これらも確かに髪の育成には必要になりますが、1つの食材だけ食べていたら
髪が抜けないという訳ではありませんからね。

あくまで基本はバランスの良い和食中心の食事ということに尽きるのです。

だけど「黒いもの」や「微量ミネラル」が現代人の食生活に不足しがちな
ものであることは確かなんです。

現代人に不足しがちな亜鉛と薄毛・抜け毛の関係

亜鉛は貝類、ナッツ類、小豆や黒豆などに含まれるミネラルで、
新しい細胞を作ったり傷を早く治す働きを助ける栄養素です。

最近は亜鉛不足による味覚障害が増加中です。

味覚障害になると味に鈍感になり第三者が食べると驚くような味付けのものを
何ともなく食べていると言ったことがおきてしまうのです。

亜鉛不足による味覚障害は一例ですが食生活のズレは こういったふうに様々な
不調が出現しますし髪にも悪い影響を与えます。

健康な髪の維持にはバランスの良い食生活を過ごすことが欠かせません。

肉やファーストフード類はできる限り控え魚や野菜、豆、海藻類など不足がちの
食材を意識的に摂るように努める、季節の食材を加味した和食にするなど
いたって基本的な食への姿勢が薄毛や抜け毛の悩みから道を開く第一歩ですよ。

また遺伝的に薄毛体質を受け継いでいる方などはとりわけ1日も早い食生活の
改善を心がけましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする